上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き渡し後、比較的ひまな夜中に、新居へ細かい荷物を運んでいます。
夜なので、当然照明のスイッチをいれます。
ですが、まだ全然慣れていないので、パチパチパチパチ、全然お目当ての照明が点きません^^;
6コスイッチのところなんか、覚えられる気がしない…

我が家は、スイッチはpanasonicのコスモワイドを付けてます。
スイッチと言えば、シンプルなピンカドデザインの神保電器NKシリーズが人気ですね。
うちは、標準で入れられるという事で、コスモワイドのスクエアタイプのカバーにしました。
特にスイッチ部分は指定しなかったんですが、ホタルとネーム付きの物が付いてました。

ネーム部分には何も書いていなかったので、いろいろ忙しいのにネームを全部作ってみました。
予定が詰まってて、やる事がたくさんある時に限って、こういうどうでもいい作業がしたくなってしまいますw

まずは、電気配線図を見ながらネームプレートを作り、プリントアウトします。
ネームプレートは、panasonicのサイトで公開されていたツールを使ってみました。
http://denko.panasonic.biz/Ebox/densetsu/haisen/switch_concent/nameswitch_card/

よくあるEXCELのマクロですね。
これで、全部のプレートを作り、カッターで地道にカットします。

そして、スイッチ。
DSC01484.jpg

上側のプレートの隙間に、ドライバーとかを差し込んで軽くよじります。
ツメが簡単に外れますので、パキパキとカバーを全部外します。
DSC01485.jpg

大丈夫だとは思いますが、いちおうブレーカーを落としてからやると安全です。

スイッチ部分を右側から外します。
少し硬いかもしれませんが、折れたりはしなそう。
これが外した部分。
DSC01487.jpg

裏返して、真ん中の押さえてる部分をずらして、中に入っている紙を取ります。
DSC01488.jpg

プレートを入れます。私は、元からあった紙も一緒に入れました。
そして、押さえてる部分を戻して完成。
DSC01489.jpg

そして、スイッチに戻します。
今度は左側から入れるといいかも。
良く見ると裏側に金具があって、そこが溝になっていて、スイッチ部分の突起にはまるようになっています。
少しきついので、いちおう壊さないように気をつけます。
DSC01490.jpg

そして、カバーを付けて終了。
DSC01492.jpg

この保護シールって、取るタイミングが難しい、、。
貧乏性だから、使っててはがれるまでつけたままにしちゃうタイプです。
携帯の最初の保護シールとか、最初に豪快にはがせちゃう人がうらやましい^^;

作業してて気づいたんだけど、電気配線に何箇所か不具合があった。
どのスイッチからも点かないダウンライト。
ウッドデッキが、なぜか三路になっている。
リビングの三路が単路になっている。ウッドデッキと入れ替わってるっぽい。
こういうのって簡単に直せるのかな~

そういえば玄関の手すり。
てっきり、階段の手すりと同じ物が付くと思って油断してたら、あんまり好きじゃない感じのやつが付いてた…
DSC01431.jpg

こういうエンドキャップが付いてるものじゃなく、端は切りっぱなしが良かったのに…
いちおう、階段と同じタイプにできるか聞いてもらってます。
これでも全然変じゃないんだけどね~

引っ越しまで、時間が無いよ~
まだまだ荷物は残っていて、明日は子供が退院するので、やる暇あるのか???

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
スポンサーサイト
内装の施主検査から6日後、外部も工事がほぼ終了したという事で、
外部の検査&補修個所のチェックに行ってきました。

我が家は、玄関ポーチが大きめです。
建物本体の大きさがそれほどないので、相対的に大きく見えるっていうのもありますが・・・

建築会社をどこに決めようか検討している時に、各社に色々な外観のプランを出していただきました。
各社個性がある外観で、いろいろ迷いました。
中には、玄関に屋根すら付けないで図面を出してくる、地元の大手工務店もありましたが(笑)

その中で、ここのビルダーさんは、希望の広さの家で、なおかつ玄関部分が立派なプランを出してくれました。
ポーチに大きな瓦屋根、そして玄関正面には目隠しで木の造作格子。
その格子の付いた外観プランを、夫婦共々大変気に入ってしまいました。
しかし、検討している中で、金額的には一番高いところです。

予算が厳しいかもと相談すると、営業さんや設計さんが色々と工夫して手を尽くしてくださって、
なんとか予算内に収まり、外観も雰囲気も工法も気に入った、このビルダーで建てる事が出来ました。

その中で玄関の造作格子は、建築会社を決めるきっかけにもなった、自分達の中ではかなり重要な個所なのです。
仕様の打ち合わせも、何回もしました。
柱の本数は最初は少なかったのですが、監督さんが、「追加料金はいりませんのでもっと増やしましょう。」
と言ってくれて、当初より立派な物が付くことになりました。

そんな楽しみな造作格子が出来あがってるとの事で、待ちきれずに、検査前日に病院に向かう前に家の前を通ってみました。

車で、通りがてら見てみると、、。
んー、なんかおかしい。柱は付いているが、横木が一本多いぞ。
最終プランでは、下部と上部に横木を渡し、そこに縦の柱を付けるプランでした。
見ると真ん中にも横木が渡してある、、。しかも結構な太さのやつが、、。

ハッキリ言って、図面や打ち合わせの物とは全然違う物が出来ています。
格子ではなく、ただの柵です。高さのあるただの柵。

いったん病院へ行き、用事を終えた後もう一回現場へ。
やっぱり図面と違う物が出来ているのを確認。その場で監督さんにTELをいれるが繋がらない。
その後、折り返してきた監督さんとの電話。

「玄関格子出来たみたいですけど、確認しましたか?」
「はい、施工中現場にいましたので。」
「なんか図面と違う物が出来てるんだけど。」
「格子が反るので、真ん中にも横木を入れました。」
「そんな話今まで一言も出てないけど。」
「最初から真ん中に横木は入れる予定でした。」

もう、ブチ切れです。

「最初から決まってたんなら、なんで図面訂正してないの?」
「そんな話こちらは一言も聞いてないし、つい最近までメールで送られてきた図面にもそんな記載はないです。」
「反ってしまうから仕様を変えて造ったって、何でこっちに一言確認入れないんですか?」
「ハッキリ言って、この部分はただ目隠しの格子ではなく、意匠的な事も取り入れて考えています。」
「そちらから提案してきたプランで、いざ施工する段階になって、反るから変えましたって、なんだそれ?」
「ただ単に現場でやりやすいようにやってるだけでしょ?」
「考える事や工夫する事をやめ、今までの経験則でしか動けない大工。」
「部材発注し直しが大変。次の現場に行くしかないから時間が無い。」
「そんなところか?全部そっちの都合だよね。」

「とりあえず、こんなもんは絶対許せないから、今すぐやり直して。」
「自分達で提案したプランなんだから、材料選定からやり方まで検討し直して、図面どおりに造って。」
「あと、雨がかかる所なので、穴開けたところは全部新しい材料にして。」

次の日の朝一で、すべて撤去してもらいました。
引っ越しや、長期優良住宅の減税の関係、子供の住所の事など、色々不都合がありすぎるので、とりあえず引き渡しとなりました。
言えば、対応はきちんとしてくれる人たちですので、引き渡し後もきちんとやってくれると思いますが。



内部の補修項目のチェックですが、監督さんはきちんと対処してくれました。
チェックしてあった所は全部きちんと直っていて、造作棚のバリも全部処理してありました。



内部施主検査後に付いた階段手すり。
丸い木の棒で、継ぎ目にもエンドにもキャップが無いシンプルなタイプ。
以前見学会でも見たのですが、これはすごく好みのタイプ。
DSC01331.jpg

なのですが、、。
DSC01328.jpg DSC01304.jpg DSC01315.jpg

DSC01303.jpg DSC01306.jpg DSC01308.jpg

インパクトでそのまま付けようとしたのか、木屑が盛り上がっちゃって、手すりが受けに全然はまってない。
すべての金具が傷だらけ。
丸い金具は上下逆さまなのが何箇所も。
挙句の果てには、手摺の角度を決める為か、壁にマジックで線が書いてある。

急いでるんだか何だか知らないけど、素人の日曜大工以下の仕事。
プライドとかってないんですか?
今までの信頼がすべて吹き飛ぶ、お粗末な仕事。

まー、次の現場がキツキツで急いでるんだろうね。
最初の頃は、丁寧とは言えないけど、もうちょっとまともな仕事してたし。
あとは、もうすぐ終わりでめんどくさくなってるのか。家からうちの現場遠いしね。

もう。TELする気力もなく、張り紙だけして現場を後に。
とりあえずやり直してと、どうせやり直しはもっと雑になるから大工変えて。あと、二人以上寄こして。
と、張り紙を残しました。



あ、忘れてた。
タイルの検査もしました。
結果は、何枚かやり直しをお願いしました。
DSC01145.jpg

カットのラインがガタガタなんだけど、こんなもんなのかな?
これって手抜き?タイルってこんなもん?これでやり直せってクレーマー?
端の処理も気に入らなかったけど、これもこういうものなの?

もうなんか、疑心暗鬼になってます。
いろいろありすぎで、僕はもう疲れたよ、パトラッシュ…

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
ちょっと期間が空いてしまった為、だいぶさかのぼった記事になります。
現在は、残工事多数ですが引き渡し済み。そしてトラブルも満載…
引っ越しの予定や、いろいろと事情もありまして、とりあえず引き渡しにして、引っ越しの間まで工事キーでの出入り。
少しずつ細かい荷物も運びつつ、業者さんも出入りしてます。
うちで段ボールに詰めるくらいなら、車にドカドカ積んで直接持ってた方が、新しい家も見れるし、作業のモチベーションが上がる事に気づきましたw

施主検査ですが、この日はあいにくの雨。
玄関周りのタイルもまだ貼っていなく、外回りは後ほど晴れた日という事にして内部のチェック。

大きな間違いはありませんでしたが、細かい所は何箇所か。
たぶんテープ付けたのは50か所位、細かく言えば膨大な数になるのでだいぶ甘く見ました。
床や木部の傷、塗り壁の剥離、泥などの汚れですかね。

特に床や木部の傷は多かったです。
本音を言うと、気になる所はもっとたくさんありました。
桧や杉の為、どうしても作業による傷は付いてしまうと思うので、大きな所だけ補修をお願いしました。

これは私の想像ですが、一人作業によるところが大きいのでは?と思ってます。
一人で作業をしているので、重さにより、どうしても物の運搬や荷降ろしが雑になってる気がします。
養生はしてありますが、すごい音を立てながら木の扱いをしていたので、大丈夫なのか?と思っていたら案の定…

あとは、終盤に作業した所ほど、雑なつくりになってました。
造作部分の棚板など、木のささくれとか完全放置…
この辺についてはトラブルもあり、ホントまいりました。

手すり部分のささくれ
DSC01029.jpg

柱のキズ
DSC01036.jpg

ダボレールの浮き
DSC01142.jpg

基礎の点検口の歪み
DSC01040.jpg
これは接着剤を使ったからこうなったらしい。

で、修理依頼後
DSC01143.jpg
無垢フローリングをそのまま使用しているから、接着剤を使わなくても多少はそってしまうとの事。
これはどうにもならないのかな?
できれば直してほしいけど、とりあえずOKだしちゃった。

悪い点ばかり言っちゃったので、良い点も。
施主検査で、資材が何もない状態で初めて入りましたが、一番初めに感じた事は、、。
いやなにおいがしない!です。

新築のいやなにおいって、たぶんクロスの接着剤や新建材の匂いですね。
無垢材と塗り壁ってスゴイ!

あとは、やはり桧の無垢フローリングは良いです!
ほんのりピンクがかって、足ざわりも柔らかい。
DSC01065.jpg

アップ
DSC01066.jpg

これは2F寝室
DSC01067.jpg

2Fは杉にしてコストダウンしようか迷ったけど、桧にしといて良かった~

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。