上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

太陽光発電システムを設置する事にしました!

施工会社選びで、かなり手こずりましたが、業者さんも無事決定。
結局、店舗販売はしていない、インターネット販売専門の会社にしました。
もちろん、自社施工ではありません。

最初は自社施工にこだわりましたが、地元の自社施工の業者さんと値段が折り合いませんでした。、
遠く離れた場所の自社施工の会社にするなら、自宅の近くの下請けに委託する業者の方がいいのかな~と。

決定前に、実際施工する会社の方に自宅の調査に来てもらい、いろいろ話をお聞きししたのですが、
こちらの質問にも的確な返答が返ってきて、施工するうえで問題になりそうな所は、なあなあにせず、
一旦持ち帰り、後日調べて連絡してくれたりと、対応はかなりいい感じ。
なにより、数はバリバリこなしてるっぽいので、慣れまくってるみたいです。

肝心のメーカーはPanasonicに決定。
HIT233を20枚、4.66kWのシステムです。

メーカーを選ぶにあたって、うちは南側の屋根が小さめなので、1㎡あたりの最大出力で選びました。

多少効率が悪くても、中国製のパネルでイニシャルを抑える、
という考えもあったのですが、やっぱり、保障の面で不安が…
補助金と売電で成り立ってる産業ですので、
太陽光専業の会社を選ぶのは少しリスクがあると思いました。
メーカー保証は最後の砦なので、、。
まー、SHARPの例もあるし、日本の総合電機メーカーが、今後どうなるかはわかりませんが、、。

国産だと、東芝とPanasonicが候補に挙がりましたが、夏の暑さに強そうなハイブリッドのHITに決定。
バックコンタクト方式で、表面に電極が無く、見た目は東芝の方がカッコよかったのですが。
また、東芝はパネルを自社生産せず、米SunPower社のパネルを使っているとの事。
値段的には両者ほとんど変わらなかったので、
それなら自社で開発生産しているPanasonicを応援しようかと。

我が家はHIT233を選びましたが、在庫限りのHIT230だと、もう少し安くなるとの事。

これは、営業さんからの話で本当かどうかわからないのですが、
新しくHIT240が発売されたので、HIT233で240W出るパネルは無くなったとの事です。
以前のHIT230だと、公称出力より多めに出るパネルが多く、240W超えもよくあったらしい。

なので、今からつける人は、在庫があればHIT230をつけた方がお得かもしれません。
うちは、HIT230の値段までHIT233を安くしてもらったので、新しいのを選んじゃいましたが^^;

工法は、差し込み金具方式を採用。
瓦屋根なので、支持瓦工法がよかったのですが、うちの洋瓦に合う支持瓦はないみたい。
基本的に、支持瓦は和瓦と平板瓦用しか作ってないらしい(TT)

標準のアンカー工法と、差し込み金具工法と、どっちも一長一短なので迷いましたが、
瓦のど真ん中に穴をあけるのは、やっぱり少し抵抗があるので、
それならば端を少し削る差し込み金具工法かな~

エネルギーモニターは、5インチのワイヤレスモニターか、エコめがね10年無料が選べます。
これがすごく悩む…

純正エネルギーモニターだと、リアルタイムの消費電力が見えますが、
エコめがねだと少しタイムラグがあるらしい。

営業さんいわく、
「エコめがねの方が価格的には断然お得ですけど、スマホとかPCで見るのは面倒かもしれないですね」
「純正モニターも、SANYO時代と比べるとかなり作りが良くなって、すぐに壊れることはないと思います」
うーーーん、悩む、、。

純正モニターだと、リアルタイムの消費電力が見える。でもそれで喜んでるのも最初だけかも。
いちおうデータもSDに出力できる。でも5インチだから小さいし、電源コードもわずらわしい。

エコめがねだと、リアルタイムの消費電力はわからない。でも、そんなに困らないよね?
データはかなり詳しいレポートが出て、ゲーム感覚で面白い。
iPadやandroidタブレットを買えばモニター代わりにできる。でもその分お金がかかる。
10年後には、月額料金がかかる。センサー買取かレンタルか聞いてなかったので、今度聞いてみよう。

エコめがねにかなりひかれてるのですが、純正モニター無くて不具合は無いのかな~?
リビング用にタブレットを買う口実にもなるし^^

工事は来月後半の予定。楽しみ~

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
スポンサーサイト
先日の木曽駒ケ岳山行で気づいたのですが、撮影した写真全ての同じ場所にゴミのようなものがある。
普段の撮影では気づかなかったのですが、風景などで絞って撮ると出てくる感じ。

デジカメのセンサー部分にゴミが付いているらしく、とりあえず自分でゴミ取りしたのですが、
なかなかうまくいかない…
これ以上自分でやろうとすると、色々道具を買う必要があるし、いちおうまだ保証期間内なので、
ソニーのCSに持ち込み、センサークリーニングをしてもらいました。

秋葉原の方が近かったのですが、どうせならショールームのある銀座に持ち込む事に。
カメラを預けてる間に、少し銀座をぶらぶら。

ニコンプラザ銀座へ。
DSC_0461.jpg

D600が展示してあるので、色々いじくってきました。
レンズは、キットレンズの24-85mm f/3.5-4.5G、50mm f/1.8Gが付いた物が、2台展示してありました。
まだ午前中だったのですが、そこそこお客さんがいて、みんなお目当てはD600のもよう。

しかし、軽いですね~D7000と同じくらいの重さです。
知り合いが使っていたD700は、ものすごく重かった記憶がありますが、これならなんとか持ち歩けそう。
プラスチックの部分が少し質感が…ですが、その分軽いですからね。
操作感も、吐き出す絵もいい感じ。作りもほぼD7000と一緒でそれほど悪くない。
これは、すごくほしい、、。

あと一週間で発売ですが、かなりの人気で品薄になるのではないでしょうか。
来年くらいには、ボディが15万円位になってるといいな~

センサークリーニングは1時間くらいで終わり、ゴミも無事取れました。

DSC04601.jpg
before
DSC06808.jpg
after

これで、また山に持っていけます♪

そしてショールームでは、α99の体験イベントをやっていました。
α99に好きなレンズをつけて撮影できる体験イベントで、データの持ち帰りは残念ながらNG。
レンズは、Distagon T* 24mm F2が使用中なので、ちょっと焦点距離が長めだけど、
Planar T* 85mm F1.4と、キットレンズに相当する28-75mm F2.8 SAMをチョイス。

α99もD600に負けず劣らず軽いですね。
こちらも、背面と上部のみマグネシウム合金。
マイク?の部分がいまいちですが、ペンタプリズムが無いので、上部はかなりすっきりしている。
形はD600よりα99の方が好みかな~

DSC_0462.jpg
NEX-5と。

以前のモデルに比べ、マウントのオレンジがかなり目立ちます。
これはこれで、アクセントになって良いと思います。

使用感はというと、悪くはないけど、すぐ前にD600をいじってるので、それと比べちゃうと、、。
やっぱりEVFは、少し違和感ありますね~

良いとは思うけど、果たして30万円出す価値はあるんだろうか?
特にレンズ資産もないので、これだったらD600にいっちゃうな。
Canonからも、6Dが20万円以下で出るし、価格設定間違えたんじゃないかな~
それとも、噂の廉価版α88が本当に出るのかな?

DSC_0463.jpg
手には取れなかったけど、RX1の展示もあり。
こちらもかなりそそりますが、まー、縁のないモデルかな。

DSC_0464.jpg
ヘッドマウントディスプレイの新モデル、HMZ-T2の視聴体験もやってきました。
750インチの大画面が疑似体験できます。

面白い商品だけど、ちょっと目が疲れました。
前モデルは、購入者の99%が男性、そのうち6割が独身との事で、、。なんか納得。

DSC_0467.jpg
Readerの新モデルも展示。

Wi-Fi付きで、6インチタッチスクリーン、重さ164gとかなり軽いです。
軽量化の為かコストダウンなのか、本体はプラスチッキーでかなり安っぽい…
まー実際9800円と、かなりお安いんだけど。

活字や、コミックを読むなら、液晶よりE Inkの方が読みやすいですよね~
LIBRIeや、日本未発売のPRS-505は持ってるのですが、いい加減古いので、
9800円なら新しく買おうかな、、。

ソニービルを出て、ソニーとは対照的に現在絶好調の、Apple Storeに。

DSC_0469.jpg
iPhone5の行列が、、。

この暑い中すごい…
先頭付近の人は三日前から並んでるらしいです。

みんなアップルストアオリジナル?の、日傘をさしてます。
並ばなくても、予約すれば、21日に普通に手に入ると思うんだけど、、。
うーーん、熱狂的ファンはすごい。

スマホといえば、SONYもXperiaの新モデルをdocomoで出してきました。
両機種ともLTE対応で、SXは大きさもちょうど良く、デザインもかっこいい!(Xiのロゴが残念…)
スマホの大画面化にいまいち賛同できないので、GXの4.6インチはちょっと大きすぎですね。
ブラウジングもストレスなく、ポケットに入る大きさの、4インチ前後が最適だと思うのですが、、。
GALAXY S4なんかは5インチになるとか(--;)

iPhone5もいいですが、私はSONYが好きなので、Xperiaには頑張ってほしいです。
movaSO101の頃からSOを買い続けてる、根っからのSONYユーザーです♪

-----

せっかく銀座に行ったので、涼みついでに松屋銀座のデザインコレクションに、
イッタラの新作の企画展を覗いてきました。

DSC_0476.jpg
Sarjaton

曲線的なフォルムが、どことなく懐かしい柄と相まって、なんとなくほっこりする感じ。
和食洋食、なんにでも合いそうですね~

イッタラ松屋銀座では、9/4より先行販売中、一般販売は10月中旬との事。

何も言われなかったので、スマホのカメラで写真を撮っていたのですが、
ギャラリーなので、やっぱり写真撮影はダメみたい^^;
なので、照明の写真だけ、、。

DSC_0474.jpg

日本人が好きそうな感じで、これは人気が出そうですね~

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
ようやく暑さも幾分和らいできたみたいなので、ずっと検討中だった物置を設置しました。

物置は、実用性第一で、HCに売っているようなスチール製の物を選択。
イナバ、ヨド、タクボあたりが、有名メーカーですかね。

ヨドはガルバを使っていてよさそうなのですが、扉の表面がフラットでなんか少し安っぽい気がする…
タクボは、扉が二枚のやつしかないみたい。できれば、開口部が広い三枚扉がいいな~
という事で、三枚扉で、デザインもなかなかよさげな、イナバのネクスタにしました。
スチールの厚みも、イナバが一番厚くて丈夫そう。

カラーはグレーがよかったのですが、嫁さんの「地味」の一声で、
紫系のシャイニーラベンダーとなりました(^^;)

うちの近所のHCでは、イナバはどこも30%OFFでしか売ってない。
ちょうど楽天でお買いものマラソンをやっていたので、LIXILオンラインで35%OFFで購入しました。
10店舗完走したので、ポイントも結構付いた~♪

設置場所は、庭の西側の一番奥。
北側とかの通路の外壁際に設置するのがいいんだろうけど、狭くて置けなかった、、。
奥行き750mmのモデルでも、扉の前が30cmにも満たない(TT)

道路から見える向きにするか、部屋から見える向きにするか迷いましたが、
嫁さんが、部屋から物置が真正面に見えるのはイヤ。との事で、道路側の向きに。

組み立て設置&アンカーで2万円位するので、節約で自分で設置します。

DSC04644.jpg
場所はこちら。

DSC04647.jpg
地面を基礎の形に少し掘ります。
境界フェンス工事のせいで地面が柔らかいので、よく突き固めます。

DSC04648.jpg
防草シートを敷いてから、採石を敷き詰めます。
ここでも、また突き固める。

DSC04659.jpg
基礎のブロックを置きます。
ここ各ブロックの水平をとるのが、時間がかかりました。

地面に5号採石を敷いたのですが、石が大きすぎてブロックの細かい微調整ができない…
急遽HCに6号採石を買いに行き、ブロックの下だけ6号採石にして、細かい高さを微調整。

ここでの水平だしは、どの位で妥協するかって感じでした。
ブロック自体も少し歪んでいるようだし、完璧に狂いなくやろうとすると、すごい時間がかかりそう、、。
ほどほどに水平を出して、物置本体の土台を置いたのですが。。。



基礎が全然小さい!

図面にアンカーを打つ部分の寸法が書いてあったのですが、
その長さを基礎の外寸から引いちゃったみたい、、。
完全に図面の読み間違いです(TT)
泣く泣くブロックをどかし、地面も掘り広げて、またやり直し。
さすがに2回目は慣れてきたのか、適当になってるのか、思ったより早く完成。
でも、ここで1時間以上ロスした…

DSC04666.jpg
そして、物置の土台を置く。
なんか、砕石の敷き方も適当になってるな~w

DSC04669.jpg
床板を置く。水平も問題なし。
ここからは、サクサク進みます。

DSC04671.jpg
柱を立てて。

DSC04681.jpg
鴨居をつける。
組み立て作業は、基本的には全然一人でできますが、
この鴨居だけ少し重かったので、嫁さんに少し抑えていてもらいました。

DSC04696.jpg
屋根をつけて、コーナーに壁パネルをはめる。
真ん中の棚は、間違えてつけちゃった。本来は壁を全部作ってからです。

DSC04715.jpg
残りの壁をつけて、扉をつけて完成~
戸当たりも問題なし。

DSC04718.jpg
続いてアンカー施工。
説明書には25cm掘れって書いてありますが、疲れてるのでてきとーに掘ってみました。

DSC04719.jpg
インスタントコンクリートを流す。
水が多かったのか、少しシャブコンっぽいけど、物置のアンカーだし大丈夫でしょう(多分)

DSC04721.jpg
あとは、土を戻して、周りを整えるだけです。

このぐらいの大きさだったら、一人でも1日あればできますね。
問題は、フェンス工事で埋め戻した土なので、これから先沈下しないか心配、、。

当初予定していたサイズより大き目の物を買いましたが、いざ設置すると意外と小さく感じる、、。
スペースに余裕があるのなら、できるだけ大きいサイズを買った方が良さそうです。
みんな、「もっと大きいのを買えばよかった!」って言う気持ちが少しわかった気がします。

でも、ちょっと小さいと感じるくらいが、物をため込まないからいいのかも^^;

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
こんにちは!

導入を検討している、太陽光発電のその後です。
地元の自社施工の業者さんと交渉決裂してしまったので、その他の業者さんとの交渉になります。

見積もりをお願いするにあたって、どの業者さんにも、初回は電話連絡をNGにしています。
まず、日中あまり電話に出られない事と、こっちからある程度条件を出して、
それに合う業者さんとだけ、つめた話をしたいからです。
もちろん自宅の無料調査なんて、何回か話をして、ある程度価格と条件が出て、
つける事前提の業者さんしかお願いしないつもりです。

まずは、メーカー直営のSANIX。

うちの県にはSANIXの営業所が無く、埼玉県の営業所が担当になるみたい。
見積もり依頼を出してから、3日後にメールがきた。
屋根のサイズ、高さ、勾配、種類、方角などは、問い合わせ時に伝えてあるので、
自宅周辺の様子と、屋根の写真が見たいとの事。
Googleマップの写真や、屋根や周辺の写真をメールで送って待つこと10日…

一向に連絡が来ないので、どうなっているのか確認のメールをしたところ、
やはり図面が必要なので、他社さんが現地調査した図面があれば、
送っていただければ、すぐに見積もりは出せますと。

えっ、、、他社の現地調査図面を使わせてくれと、、。
なんかすごい適当だなぁ(--;)

他社の図面なんて出せないし(そもそもない)、面積とか条件はわかってるんだから、
何枚搭載可能でいくら位になるかを、とりあえず概算でいいので教えて、とメールしました。

返信は、パネルはヒュンダイ製の225W18枚、税込補助金適用前で、1kW単価35万円位との事。
設置はアンカー工法で、その他の工法は追加料金がかかるらしい。

期待したほど安くない…orz
SANIXは第一候補で、かなり期待してたのに、、。
これ以上安くならないのか聞いてみたところ、
オムロン製のパワコン希望との事なので、この価格になってしまう、これ以上は正直厳しいですと。

パネルは海外メーカーでも、国産パワコンは譲れない条件なので、ここは変更できない、、。
レスポンスも遅いし、対応もいまいち、、。
価格的にもそれほど安くもない為、ここでSANIXはおことわり。

次は、一括見積もりサイトで紹介された、東京の2社。

1社はレスポンスも早く、概算見積もりもすぐ出してくれた。
メーカーはSUNTECH。
195W24枚で、kW単価は35万円。
SUNTECHにしては高いなぁ…

ここは、メールのレスポンスは早く、色々連絡してくるのですが、
メールの題名が、こんにちわ、○○です。だったり、
本文は、何か質問はないかなぁ、と思って(原文)、だったり…
商談のメールがこれでは、ものすごーく不安を感じます(--;)

値段もこれ以上下がらないし、高気密住宅用の施工もできないとの事で、ここもおことわり。

もう1社は、メールやHPには良さそうな事がたくさん書いてある。

パネルの卸売をしているので、関東圏最安の値段をお約束。
自然災害補償も付いていて、1000~3000棟の施工実績。(1000と3000て全然違う、、。)
親会社も大きく、コンプライアンスに厳しいメーカーの、太陽光発電販売セミナー講師が常勤。
一部上場企業のメンテナンス会社と契約。
毎月発電量をWEB上で管理。
などなど、、。

営業の方も、色々詳しそうな感じで、見積もりを期待していたのですが…

Panasonic 1kW49万
SolarFrontier 1kW46万
SUNTECH 1kW39万

いやいやいや、地元の自社施工の所より高いぞ~
枚数少ないから仕方ないとはいえ、SFなんかあり得ない値段…
この値段だとお話にならないと伝えると…

Panasonic 1kW43万
SolarFrontier 1kW42万
SUNTECH 1kW35万

別に、高いのはいいんです。
会社によって仕入れ値とか変わるだろうし。
それで、仕事がくるのなら適正な値段なのでしょう。
ただ、関東圏最安をお約束とか書いておいて、この値段はないだろ~と。
しかもほとんどのメーカーが、シミュレーションで、元を取るのに10年以上かかってる…

こういう風に、刻んでくる所ってダメ。
最初からズバッと出してくれないと。
希望価格は伝えてあるんだから、最低でも2回目の値段は、駆け引き無しで出してくれないと。

という事で、ここもおことわり。

太陽光をつけるなら、10年以内に償却が絶対条件なので、導入価格は譲れないところなんだけど、、。
うちのあたりは、国の補助金しか出ないので、なかなか難しいです。
東京にお住まいの方がうらやましいです。

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
こんにちは!

SONYの新しいデジタルカメラと、E-mountレンズが発表されましたね。

今回のサプライズは、何といってもRX-1
世界初、35mmFFセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ。
フルサイズ機ながら、PanasonicのGX-1などの小型m43と、ほぼ変わらないサイズ!
往年のSONYを彷彿とさせる、革新的で尖ったモデルです。
これは、フルサイズNEXが出る日も近いかもですね~
単焦点レンズ一体型設計なので、SIGMAのDPシリーズのような画質が期待できるかな?
値段は25万円前後との事で、到底手が出ませんが^^;

また、こちらもフルサイズの、α99も遂に発表。
最新の技術を惜しみなく使ったモデルで、デザインもかなりかっこいい!
重さも、他社のフルサイズに比べ、100g以上軽いですね~
うーーん、これは欲しい、、。
お値段は30万円前後らしいので、こちらも手が出ませんが(泣)

噂のNikon D600は、意外とお高めの値段になるようで、これだったらα99も候補に入れて、しばらく待ちですかね。

海外向けには、NEX-6と三本のE-mountレンズも発表。
NEX-6はあのモードダイヤルがねぇ、、。
これだったら、価格がこなれたNEX-7買うなぁ。

E-mountレンズは、どうやら全てブラックになるみたい!
既存のモデルも、ブラック追加にならないかな?

E 35mm F1.8 OSS
E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS power zoom
E 10-18mm F4 OSS

もっとも実用的な画角の、明るい単焦点。
新型の標準ズーム、しかも薄いパンケーキ型。
待ちに待った、広角ズーム。換算15mmスタート!
しかも、どのモデルも手ぶれ補正付。

うーーん、どれも欲しいー!
早く実物が見たいですね。
夏のボーナス使わないで待ってて良かった~^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。