上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.24 北八ヶ岳 Day2
翌朝とりあえず、7時に起きてみる。
外はどんより、今日は天候は回復しなそう。
せっかくなので天狗岳までは行こうかと、気分が乗らないけど8時に出発。

DSC07612.jpg

気温は-6度、寒くはないが、テンションが上がらず、いまいち体が重い。

DSC07611.jpg

意を決して、クランポンを付け出発。

DSC07627.jpg

尾根まで出ても、やっぱり何も見えなかった、、。
風がそれほど強くないから、動いていれば全然寒くない。

DSC07622.jpg

海老の尻尾、まだ成長途中。

DSC07629.jpg

稜線に出て、登りにさしかかる。
トレースは無し。外すと股まで埋まる。

ナイフリッジや危険な所は無いので、特に問題無く進む。
一応、ストックからアックスに持ち替える。

DSC07631.jpg

何も見えない。。。

DSC07642.jpg

いつの間にか、東天狗岳の山頂に着いた。
標識が雪で隠れて全然見えない^^;

DSC07644.jpg

西天狗に行こうとしたが、ガスで周りが全然見えない。
晴れてれば、東天狗から西天狗への稜線が、すごくいい感じなんだけど…
このまま進んでも面白くないので、少しでもガスの晴れ間を突こうと、少し待機してみる。

気温は-10度。
風はやや強いが、前に進めないような風ではないので、風速10-15m位か。

DSC07646.jpg

ガスは収まるどころか、濃くなっていくばかり。
動いていないと、手足の先も寒くなってきた。

ガスの中、往復一時間弱掛けるのも、なんかもったいないので、西天狗は中止に。
そそくさと、引き返す事にしました。

DSC07648.jpg

無事、黒百合ヒュッテに到着。

帰りは、北八ヶ岳ロープウェイまで行こうか迷いましたが、トレースが無さそうな区間があり、
もしラッセルする事になったら、ワカンも持ってきてないし、帰りの電車に間に合わない可能性大なので、
おとなしく渋の湯に降りて、タクシーで茅野駅まで戻る事にしました。

DSC07666.jpg

約一時間半で下山。
このスタート地点の、ガチガチに凍った石の階段が、今回の一番の難所かもw

タクシーを呼んで、温泉入って、あずさで駅弁を食べながら、のんびり帰りました。

ちなみに、翌日は快晴。
自分が入山した前日も、ものすごく良い天気だったみたいです(TT)
とことん天気に恵まれない、、。

次は、テント担いでどこか行きたいけど、年内はもう無理かな~?

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
2012.12.23 北八ヶ岳 Day1
会社と子守りの都合をなんとかつけ、久しぶりの山登りに行ってきました。

久しぶりの雪山という事で、行先は無難に北八ツ。
中央道があれなので、電車を使って行く事に。
あずさは楽チンで良いのですが、この時期になると、平日は登山口までのバスが全然無い(TT)

渋の湯から入山予定なのですが、帰りの茅野駅行きのバスが無い…
帰りはタクシーか、通年でバスが毎日出てる北八ヶ岳ロープウェイまで行くしかないか、、。

季節運航という事もあり、バスの出発も遅く、お昼前に渋の湯に到着。
時間もないので、さっそく出発。

DSC07505.jpg

気温は2度とかなり高い。
日蔭の地面はガッチガチに凍っていて、下からクランポンを付けて歩きます。
前日までかなり標高の高いところまで雨が降ったらしく、夜に冷えて凍ったっぽい。

DSC07513.jpg

2000m付近は青空も見えました。

DSC07515.jpg

雪はトレイル上で、すね位。
トレイルを外れると、もも位まで埋まります。

DSC07531.jpg

約2時間で、黒百合ヒュッテに到着。

DSC07532.jpg

ここは、バイオトイレの為に、10kWの太陽光パネルを設置しているらしいです。
太陽が出ている時は、ディーゼル発電を回さずに、これだけで賄っています。
環境保全と資源節約、これぞ本当のエコですね~

天狗岳まで往復してくる時間もないし、かといって山小屋にいてもやる事が無いので、
その辺をぶらぶらしてくる事にしました。

テント泊だと、水作ったりなんやらで、結構時間潰れるんだけど、、。
今回は、山行が久しぶり&雪山に至っては3年ぶりなので、荷物軽めの小屋泊まりにしてみました。

DSC07542.jpg

天狗岳の山頂はガスってますね。
今から行くと、帰りは真っ暗になっちゃう。

DSC07563.jpg

雪山の樹林帯歩きは、やっぱり気持ち良い!
トレースも付いていて、全然楽々♪

で、景色が良さそうな中山展望台なのですが…

DSC07572.jpg

ガスっちゃって何も見えません、、。
時間も遅いから仕方ないか。
天気が良いと、北アルプスも中央アルプスも見えるんだけどなー。

DSC07575.jpg

風が強くて、体が斜めってるw
一時間くらいは潰せたので、おとなしく山小屋に帰ります。

DSC07591.jpg

薪ストーブってすごくあったかい、、。
自分も寒冷地に住んでたらつけたかったな~
小屋前の薪の山を見ると、燃料調達がかなり大変そうだけど^^;

今日は、オーナーさんの知り合いが二人宿泊しているだけで、お客さんは自分一人。
なので、薪ストーブの前を占領して、たっぷり読書タイム。
「岳」を最後まで読んじゃった^^

DSC07592.jpg

ダルマストーブの前で、おにぎり、おもち、ラーメンの夜飯。
ザックのサイドポケットでずっと持ち歩いてた、おにぎりが全然凍ってなかった。
いつもは、凍ったままラーメンに入れておじやにするのに。

それもそのはず、標高2400mの小屋前の夕方の気温が、なんと-4度。
3,4日前は-20度まで下がったらしいので、全然拍子抜け。

風もそれほど強くないし、こんなに暖かいなら、テント泊にすれば良かった、、。
まー、楽チンだし、岳も読めたから良しとするか。

明日は、天狗岳に登って、それからどうしよう、、。

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

太陽光パネルを設置して、発電を開始してから一カ月がたちました。
そろそろ工事の記録を記しておかないと、、。という事で、簡単ですが備忘録を。

-----

10月の終わり、秋晴れで汗ばむくらいの陽気のなか、一日たっぷりかけて設置してもらいました。

DSC07109.jpg

Panasonic製のパネル、HIT233が20枚。日本製ですね。

DSC07095.jpg

まずは、事前調査でチェックはしているが、当日も屋根の状態を確認。
問題無いようなので、支持金具を付ける位置の瓦を外していきます。

DSC07096.jpg

5寸勾配までなら足場をかけないで作業します。って言っていたのですが、安全帯も付けないのね、、。
まー、屋根の上だから支点を取れる所もないので、仕方ないのでしょうか。
見てる方は気が気じゃないですが、無事事故のないように終わってほしいところです。

うちは、野地板と瓦の間にアストロフォイル(遮熱シート)を施工してあります。
支持金具を固定する際、遮熱シートの上からだとメーカー保証NGとの事で、もったいないですが
金具を付ける部分だけ切り欠いてもらいました。

取り外した瓦たち。

DSC07105.jpg

金具が当たる部分を加工。

DSC07126.jpg

グラインダーとタガネで、一枚一枚手作業で削っていきます。
結構な枚数削っていて、とても大変そうでした。40枚くらいかな?

野地板に瓦木板を付け、そこに支持金具を固定します。
瓦と金具の間に、干渉しないようにパッキンを付けて取りつけます。

DSCN7587.jpg

各ビス部分にコーキングをして、瓦を戻します。
もちろんコーキング材は、宇部興産のゴムアス系の物を使用してもらいました。

DSCN7588.jpg

架台を設置します。電線がじゃま、、。

DSC07134.jpg

いよいよ、パネルの設置です。
電動のはしごで4-5枚ずつ上げていきます。

DSC07144.jpg

設置しながら配線。だんだん日が落ちてきました。
もちろん配線を束ねるインシュロックも、耐候性のある物を使用。
ホントに電線じゃま。地中化してくれないかな、、。

DSC07152.jpg

もう一つの外側の工事で、接続箱の施工です。
発砲ウレタンを、これでもかと充填してもらい、気密施工してもらいました。
シーリングもしっかりと、、。

DSC07131.jpg

パネルからの配管は、古河電工のプラフレキ管を二種類。
紫外線があたる屋根上は黒色のPFDKを、北側の外壁部分はベージュ色のPFDIを。
PFDIは20年の耐候性、PFDKは30年の耐候性があるらしいです。

DSC07132.jpg DSC07167.jpg

ここで問題が。。。
アースをとるのに、通常は床下から基礎パッキンの間や通気口を通して地面に落とすのですが、
うちは基礎断熱で、基礎内を密閉しているので、外にアースが落とせない、、。
なので、接続箱から地面に落とす事に。

ただでさえ屋根からPFD管が来てるのに、さらに地面側にも配管が、、。
細い配管ですが、なんとも不格好(TT)
新築時に配管だけでもできていたら、と激しく後悔。

そんなこんなで、日も落ちかけた夕方、ようやく設置完了。
最後に、サイドのカバー取り付けと拭き掃除。

DSC07163.jpg

パネルの上に登ってるー!と思いきや、器用にパネルの隙間に足を欠け、
忍者のようにスイスイと移動してます。
うーーん、熟練の技。。。

DSCN7615.jpg DSCN7620.jpg

5x4の20枚。
架台のレイアウトの関係で、どうしても上一段は隙間が開いてしまうそうです。

内部機器は、玄関脇のSC内に設置。
パワコン、ブレーカー、電力検出ユニット。
パワコンはかなりデカイですが、隅っこなので意外とすっきり収まりました。

DSC07177.jpg

外部工事の方につきっきりだったので、内部工事はあまり見ていなかったのですが、
特に問題もなく、無事終了したみたいです。

ユニットバスの上を通し、脱衣所の分電盤とSCの天井裏に配線。
うちは、全館空調のダクトが1階と2階の間の天井裏にあるので、スペース的に配線しやすかったようです。
SC天井裏には全館空調の本体があり、点検口もある為、そこを利用しスムーズに工事ができたみたい。

そして、7インチのエネルギーモニターです。

DSC07181.jpg

無線LANタイプなので、自前のルータを使って
電力検出ユニット⇔ルータ⇔モニターって接続するのかと思ったら、
電力検出ユニット⇔モニターで接続できてる。

無線LANを設定する時に、他の機器もまとめて設定しちゃおうと思ってたので、なんか拍子抜け。
いまだに他の機器の設定をやってないので、早くやらなければ、、。
せっかく無線LANタイプにしたのに(^^;)

PV設置は、特に大きなトラブルもなく無事終了。
連系で1週間くらい待たされましたが、発電も無事開始しました。
ただ、11月は1年で一番発電しない時期。
天気が悪い日も多く、設置後初の月間発電量は、いまいちパッとしない結果に終わりそうです、、。

早く、春にならないかな~

ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。